人相学

Be-STAFFのFACE RANDING(人相学)は欧米そしてアジアでも高く評価されました

FACE READING (人相学)はアジア人の顔をひも解く、顔の統計学理論です。
歴史は古く5000年近く前から、東洋医学や人間関係を構築する為のコミュニケーションツールとして使われてきました。
人相の相とは「嬉しそう」「悲しそう」「苦しそう」などで使われる、「~そう」の相なのです。

この人相学的見地から顔を科学的に分析していく事が、Be-STAFFの基本の5つの表情。
つまり顔の方程式になっているのです。
今や世界中でアジア人のいない環境はありません。ヨーロッパやアメリカでも同様で、アジア人の顔を読んで、美しく出来ないメイクアップアーティストは仕事が減ってきていると言われています。
逆を言えば、アジア人の顔を読めて、美しく表情の演出が出来る技術者こそ本物のメイクアップアーティストと言えるでしょう。

下の写真は、全て同じモデルに5つのベーシックメソッドを施しています。Be-STAFFに入学すると最初にこのメイクアップ方法と表情理論を学んでいきます。
だからこそ卒業しても世界中で活躍出来るアーティストの輩出が出来ているのです。
教育のシステムとメソッドが明快な事が、Be-STAFFを永く愛していただいている理由です。

TOP

Copyrights(c) BIZAN,INC. All rights reserved.