Be-STAFFニュース

【2018 Be-STAFFフォトコンテスト「INDIVIDUALITY」審査結果発表!】

【2018 Be-STAFFフォトコンテスト「INDIVIDUALITY」審査結果発表!】

image

今回もフォトコンにエントリーをいただいた皆様、ありがとうございました。本日東京校で開催されたオープンキャンパスにて審査結果の発表を行いましたので、掲載いたします!

【趣旨】メイクアップの業界、美容業界の発展、繁栄を目的とし、  Be-STAFFを発信源として行うフォトコンテストです。新しい人たちが新しい時代を創る!若き優れた技術者の発掘と共に、これからの時代を創る人達が、よりクリエイティブな発想や作品を発表する機会として発足致しました。

【テーマ】「individuality」素材の持つ個性を最大限に引き出し、強さ、優しさ、美しさ、etc…を表現してください。個性を活かすも良し、全く別のキャラクターを引き出すも良し、モデルからインスパイアされたあなたの美意識を四角い世界観の中で昇華させてください!

image

今回より、「美容学生部門」と「一般部門」に分けての募集となりました。7名の審査員の方から、各部門1作品ずつ選出して頂いております。(全14作品)

なお、副賞の郵送に関しましては、事務局( Be-STAFF東京校)より直接ご本人、または美容専門学校ご担当者様にご連絡差し上げます。

以下審査結果です。

【伊東秀彦 賞(peek-a-boo原宿明治通店アートディレクター 伊東秀彦 選)】

■学生部門■

No.4:眞鍋 優生(関西美容専門学校)

(審査員より)インパクトがある!単色で存在感のある面白い作品。ミニマムだけど世界観がしっかりと表現されている。

学4.関美.眞鍋優生

■一般部門■

No.19:安本 未来(Be-STAFF MAKE-UP UNIVERSAL 東京校)

(審査員より)カラーも良く、表現したいことが明確な作品。ごちゃごちゃしているのに、トータルバランスがgood!

一般19.T校.安本未来

【雑賀 英敏 賞(TONI&GUY JAPAN 代表取締役社長 CEO 雑賀英敏 選)】

■学生部門■

No.56:寺田 彩果(名古屋美容専門学校)

(審査員より)雰囲気があり、おしゃれなテイストでどこにでも出せるレベルの作品。表現はミニマムだが、モデルの素材の良さを引き出している。将来性を感じる才能を感じました。

学56.名美.寺田彩果

 

 

 

 

 

 

 

■一般部門■

No.18:安本 未来(Be-STAFF MAKE-UP UNIVERSAL 東京校)

(審査員より)インパクトが強く、モデルの個性が最大限出ている作品で、メイクで強調したい部分がパワフルで良い。カオスな作品なのに、落ち着いていて、不思議な作品で魅かれました。

一般18.T校.安本未来

 

 

 

 

 

 

 

【山口 啓 賞(Be-STAFF MAKE-UP UNIVERSALゼネラルプロデューサー 山口 啓 選)】

■学生部門■

No.16:栃本 聖来(関西美容専門学校)

(審査員より)無機質・人工的質感などを取り入れ、肌とメタルという異素材のコラボレーションのバランスがとても良い!バック紙にもさらに工夫があれば更に良くなる作品。

学16.関美.栃本聖来

 

 

 

 

 

 

 

■一般部門■

No.1:石飛 彩(Be-STAFF MAKE-UP UNIVERSAL 福岡校)

(審査員より)画面の中でのカラーコントラストがモデルとバランス良く表現されている。ファッションとのバランスや、首元のデザインなどを含めて、未来的な作品となりアンドロイド感も大変良い。

一般1.F校.石飛彩

 

 

 

 

 

 

 

 ・

【Shinbiyo賞(新美容出版株式会社 Shinbiyoチーフエディター 木下妃佐代 選)】

■学生部門■

No.4:眞鍋 優生(関西美容専門学校)

(審査員より)モデルの個性を活かしつつ、before&afterの違いが出せている。コケティッシュなイメージに変化できていて更に魅力が引き出されている。プラスαの表現ができており、赤の分量のバランスも非常に良い!

学4.関美.眞鍋優生

 

 

 

 

 

 

 

■一般部門■

No.26:竹内 舞(Be-STAFF MAKE-UP UNIVERSAL 東京校)

(審査員より)モデル選びが上手く、ファッション写真として「今」を感じるおしゃれな作品。中世的なモデルにボルドーでの統一感で女性らしさを表現しているところが良い。

一般26.T校.竹内舞

 

 

 

 

 

 

 

 【コワフュール・ド・パリ・ジャポン賞(株式会社コワフュール・ド・パリ・ジャポン編集部長 森 京都 選)】

■学生部門■

No.42:筒井 美那(名古屋美容専門学校)

(審査員より)上手な作品は多くあった中、インパクトがひときわ強い作品。特に目線の強さが魅かれるポイント。ノーブルさが取れ、新しい女性像としてとても神秘的。メイクの色合いと素肌っぽさが今っぽい。

学42.名美.筒井美那

 

 

 

 

 

 

 

 

■一般部門■

No.26:竹内 舞(Be-STAFF MAKE-UP UNIVERSAL 東京校)

(審査員総評)モデルの個性を活かしている。ヘアスタイルとメイクが、ファッションとのバランスが良い。配色が良く、トータルバランスの中に女性の美しさもあり、メンズライク+女性らしさという絶妙なバランス感覚。

一般26.T校.竹内舞

 

 

 

 

 

 

 

【IZANAGI賞(株式会社髪の文化舎 IZANAGI副編集長 土屋 玲子 選)】

■学生部門■

No.4:眞鍋 優生(関西美容専門学校)

(審査員より)個性的なメイクでモデルの素の顔・可愛らしさをデフォルメできている。メイクデザインで顔の表情作りも上手くできている。

 学4.関美.眞鍋優生

 

 

 

 

 

 

■一般部門■

No.5:堀 直見(Be-STAFF MAKE-UP UNIVERSAL 福岡校)

(審査員より)Before&Afterが劇的でチェンジが凄い。ヘアメイクの力をとても感じる素晴らしい作品。最終仕上がりイメージが明確で、見る側にも伝わりやすい!

一般5.F校.堀直見

 

 

 

 

 

 

 

 ・

【BoB賞(株式会社髪書房 月刊BoB 編集部 徳田 詩織 選)】

■学生部門■

No.13:富 春花(関西美容専門学校)

(審査員より)今っぽくておしゃれな作品。モデルの持つ違う一面を引き出している。汚れたような雰囲気が現代を表している。肌質や全体の質感のバランスがとても良く、完成されていない少し未完成な部分が作品として良い。

 学13.関美.富春花

 

 

 

 

 

 

■一般部門■

No.4:待永 啓資(Be-STAFF MAKE-UP UNIVERSAL 福岡校)

(審査員より)Before&Afterでモデルの変化があり、カッコ良い仕上がり。メイクはマイナスメイクでバランスが良い。写真の質感とメイクの質感がハマっている。

一般4.F校.待永啓資

 

 

 

※敬称略、順不同。

TOP

Copyrights(c) BIZAN,INC. All rights reserved.