Be-STAFFニュース

Photo Contest 2016 結果発表~「I am ART」~

Be-STAFF MAKE-UP UNIVERSAL presents

Photo Contest 2016

本年もBe-STAFFフォトコンテストに沢山の作品のご応募を頂き、まことにありがとうございます。審査の結果をこちらで発表させて頂きます。

■本コンテストの趣旨

メイクアップの業界、美容業界の発展、繁栄を目的とし、Be-STAFFを発信源として行うフォトコンテスト。新しい人達が新しい時代を創る!若き優れた技術者の発掘と共に、これからの時代を創る人たちが、よりクリエイティブな発想や作品を発表する機会として発足致しました。

テーマ

「I am “ART”」

先日たちが生み出した芸術作品をモチーフにしても、枠にとらわれないアーティスティックなデザインでも。まさしく「芸術的」な堂々とした作品で新しい世界を自由に表現した作品。

■応募規約
日本人(アジア人)モデルを起用すること。

■審査結果

【グランプリ】

★副賞:山口 啓によるアドバイス付き作品撮影権

受賞者:荒井 美帆(Be-STAFF MAKE-UP UNIVERSAL東京校)

(作品コンセプト)

渋谷の監視カメラをイメージして描いたというアート作品とのコラボ作品です。明るくて楽しいイメージの渋谷の裏にあるダークな部分を表現しました。

no.4_荒井美帆

【準グランプリ】

受賞者:三本 夏生(Be-STAFF MAKE-UP UNIVERSAL東京校)

(作品コンセプト)

この作品のテーマはキース・ヘリングです。キース・ヘリングといえばシンプルな線と色とで構成された絵が特徴的です。大胆かつ女性が持つ美しさ、色気を作品に表しました。

no.1_三本夏生

【第3位】

受賞者:室北 栞那(Be-STAFF MAKE-UP UNIVERSAL北九州校)

(作品コンセプト)

華やかな蝶々を表現しました。ARTには、カラフルな色でラメを使い、華やかさをプラスし、目元には大ぶりの「水玉まつ毛」をつけ、蝶々の羽をイメージしています。

no.7_室北

~審査員特別賞~

【peek-a-boo賞】

受賞者:三本 夏生(Be-STAFF MAKE-UP UNIVERSAL東京校)

(審査員よりコメント)

全身がキャンパスとして表現されている赤「赤」「白」「黒」でトータル的にバランスが良くアート作品となっている。

伊東 秀彦 (peek-a-boo 原宿明治通店 Art Director)

 

no.1_三本夏生

【TONI&GUY JAPAN賞】

受賞者:荒井 美帆(Be-STAFF MAKE-UP UNIVERSAL東京校)

(審査員よりコメント)

アイディアがすごく斬新で、感性とテイストが素晴らしい。モデルの素材が引き立っている作品。全体の質感が綺麗。

雑賀英敏 (TONI&GUY JAPAN代表取締役社長 CEO /International Artistic Director)

no.4_荒井美帆

【新美容賞】

受賞者:荒井 美帆(Be-STAFF MAKE-UP UNIVERSAL東京校)

(審査員よりコメント)

アート作品とコラボレーションが素晴らしい。モノクロの世界観にカラフルなペイントのインパクト。「目」にポイントを絞っているところなど、とても強く印象的な作品に仕上がっている。

木下 妃佐代 (新美容出版株式会社 Shinbiyo チーフエディター)

no.4_荒井美帆

【新美容賞】

受賞者:三本 夏生(Be-STAFF MAKE-UP UNIVERSAL東京校)

(審査員よりコメント)

「赤」と「黒」に表現を絞り込んでいる明確さ、強さがキースヘリングの作品と上手くつながって表現できている。

新井 久美子 (新美容出版株式会社 Shinbiyo チーフエディター)

 

no.1_三本夏生

【コワフュール・ド・パリ・ジャポン賞】

受賞者:荒井 美帆(Be-STAFF MAKE-UP UNIVERSAL東京校)

(審査員よりコメント)

新しい感覚で良い。今っぽさを感じる作品。アート作品とのコラボレーションでリンクされており、サイケデリックっぽいけれど、モノクロでの表現によりジャズっぽさも感じる作品に表現されている。

森 京都 (株式会社コワフュール・ド・パリ・ジャポン編集部長)

no.4_荒井美帆

【髪の文化舎賞】

受賞者:荒井 美帆(Be-STAFF MAKE-UP UNIVERSAL東京校)

(審査員よりコメント)

アイディアが面白い。絵の中の目の切り取りと、テーマが非常に合っている。よく考え、発想されて、表現されている。

土屋玲子(有限会社髪の文化舎 IZANAGI副編集長)

 

no.4_荒井美帆

 

 

【髪書房賞】

受賞者:坂井 舞

(審査員よりコメント)

テーマ、コンセプトにブレがない。ロケで撮影でヘアの見せ方が上手く、メイクも攻めているが、しつこくなく、ファッションともトータルでのバランスが良い。ビフォー・アフターの変化もある。

増田 歩(株式会社髪書房 月刊Ocappa編集部 編集長)

no.16_坂井舞

【山口 啓賞】

受賞者:室北 栞那(Be-STAFF MAKE-UP UNIVERSAL北九州校)

(審査員よりコメント)

写真の中に空気があり、彼女の見せる瞳の中に別の世界観を感じました。

山口 啓(Be-STAFF MAKE-UP UNIVERSAL General Producer)

no.7_室北

TOP

Copyrights(c) BIZAN,INC. All rights reserved.